審査の甘いクレジットカードの傾向と対策。審査の甘いクレジットカードはこれだ!

Woman
「クレジットカードの審査になかなか通らない…」
「審査が不安だから審査が甘いカードってないのかな」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?クレジットカードの審査になかなか通らないと自分にはクレジットカードは作れないのか…と不安になりますよね。

でも、クレジットカードの審査に通過するにはちょっとしたコツがあるのです!このコツを使うことで、通過率を大幅に上げることが出来ますよ!

そこでこの記事では、

  • 審査に通過できない時に確認するべきこと
  • 審査を通過するためのコツ
  • 審査の甘いクレジットカード一覧

以上の3点をご紹介します。

クレジットカードの審査がなかなか通過できなくて、クレジットカードを持てない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカードの審査に通過できないときに確認すべきこと

まず大前提として、どのクレジットカードでも審査が無いということは、ありません。必ず審査をします

では、なぜ審査の甘いと言われているクレジットカードが存在するのでしょうか?それは、どのカード会社にも独自の審査基準があるためです。

カード会社ごとに審査基準が異なるために、どのポイントに重点を置くかが、違うため一般的に審査が甘いと言われているカードは、審査基準に年収や属性の指定が無いことが多いため比較的作りやすいので、「審査が甘い」と言われています。

しかし、そのような「審査が甘い」クレジットカードですが、以下の条件に当てはまる場合は、審査に通過できない可能性があります。

これらの事項を確認するだけでも大幅に通過率は変わってきますので、ぜひ確認してみてください。

ローンの延滞や入金忘れをしたことがないか

初めにクレジットカードの審査では、カード利用者の信用情報がチェックされます。

信用情報とは、本人のクレジットで行った売買(amazonでの買い物も含む)やローン(住宅ローンや奨学金)も含まれます。これらの信用取引に関する契約内容や返済状況、支払状況、利用残高をまとめた情報です。

クレジットカード会社は審査をするにあたり、信用情報を管理している個人信用情報機関に照会します。このため、他者での利用履歴や登録されている住所、年収、勤務先もすべてチェックされるという訳です。

このように、クレジットカード会社は個人の信用情報を徹底してチェックするため、不払いやローンの延滞がある場合は、審査に落ちる可能性があるかもしれません。

ローン延滞などの情報は、5年間信用情報として保管されます。これが俗に言う「ブラックリスト」化と呼ばれています。

過去5年間で不払いやローンの延滞がある人には、きちんと払ってもらえない可能性があるとクレジットカード会社は判断するため、リスク回避のために審査に落とすことが多いのです。

そのためまずは、ローンの延滞や代金の不払いが過去5年間無いかを確認しましょう。

クレジットカードの使用履歴がこれまでにあるか

クレジットカードを使用した経験あるいは、ローンを組まない現金主義の方も比較的クレジットカードの審査に落ちてしまうケースが多いのです。

これは、現金主義の方は個人信用情報機関にデータが登録されていないために、発生すると考えられています。この時の現金主義の方を履歴が真っ白なことから、「スーパーホワイト」と呼ばれています。

そしてもう一つ、「ホワイト」と呼ばれる方々も存在します。これは、過去に信用会社のブラックリストに載ってしまい、ローンを含めた一切の信用取引が出来なくなった人の事を指します。

この情報は5年間保管されるため、5年間の保管期間が過ぎた場合は、信用機関の情報は一度リセットされます。これが俗に言うホワイトです。

さて、ここで問題なのが、この「スーパーホワイトとホワイト」を的確に見分ける違いが無いということです。

万が一、延滞や踏み倒しが発生した場合は大きな損害をクレジットカード会社は背負うため、クレジットカードの使用履歴が無い方は審査を通しにくいというわけなのです。

クレジットカードの審査を通過するためのコツ

自分の信用情報を把握する

クレジットカードの審査を突破するには、やはり自分の信用情報を的確に把握することが大切です。この信用履歴が十分な場合は、何事もなく通ることも珍しくありません。

反対に信用情報機関に、延滞情報や自己破産情報などの情報が登録されているいわゆる、「ブラックリスト」の場合はクレジットカードの審査に通過することはかなり難しいと言われています。

一度に何枚もカードの申し込みをしない

すぐにでもクレジットカードが欲しい方がやりがちなのは、短期間のうちに何度も申し込みを行うことです。この申し込みの履歴も信用会社経由で、各クレジットカード会社に流れるためカード会社は短期間の申し込みだと判断できます。

短期間で申し込むとクレジットカード会社側からは、「お金に困っている」とみられるため、カード会社はリスク回避のために審査を通さないことが多いのです。

そのため、申し込みは最低でも「6か月」は待ってから次のカードを申し込むとよいでしょう。

クレジットカードの利用履歴を溜める

先述のホワイトとスーパーホワイトのように、カード会社は基本的に信用会社から照会できる個人の取引状況を見て、審査を行います。だからこそ、クレジットカードの利用履歴の無い方は非常に審査に通りづらいです。

Expert
即日発行のクレジットカードや後払いサービスなどを活用して、クレジットカードの履歴(クレヒス)を貯めましょう。

携帯電話の分割払いなどを活用すると比較的に簡単にクレヒスは貯まります。重要なのは、毎月きっちり代金を支払っていかを重視するため、月の値段はあまり関係ないのです。

【系統別】審査の甘いクレジットカード一覧

こちらでは、比較的審査基準のハードルが低く作りやすいクレジットカードを紹介します。

まず、カードの審査には、

  1. 銀行系
  2. 独立系
  3. 信販系
  4. 流通系
  5. 消費者金融系

と、会社ごとに厳しい順番があります。

それぞれ審査の基準が異なるため、比較的作りやすいカードをご紹介します。

楽天カード

大手通販サイトの楽天が提供しているクレジットカードです。ポイントの交換率も良いのが魅力の一つですね。

このカードは、学生や専業主婦の方でも作れて比較的作りやすいカードの一つです。

入会キャンペーンも多く行っている、この時は若干審査のハードルが下がるため、クレジットカードは作りやすくなります。

ライフカード

ライフカードは、最も審査が通過しやすいとされている消費者金融系のクレジットカードです。親会社に「消費者金融のアイフル」がいます。カード性能も高く入会費、年会費共に無料となっています。

過去に滞納などの大きな問題が無い場合は、審査落ちする可能性は非常に低くなります。

イオンカード

イオングループが発行するクレジットカードです。主婦をメインターゲットとしていることから、審査通過が難しいとされる主婦層でも取得しやすいクレジットカードです。

イオン銀行の口座を指定して申し込むと、さらに審査の通過率が上昇します。

セブンカードプラス

数あるコンビニカードの中でもトップクラスに作りやすいカードがセブンカードプラスです。

このカードの重視している点が「安定した収入が自分、または周りにあるか?」が一番の基準になるため、年収額は関係なく、勤続年数が長い方は問題なく通ると言われております。

ACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融のアコムが提供されているクレジットカードです。

このカードの最大の特徴は、即日発行が可能な点です。年齢と年収、他者からの借入金額を入力すると、審査が開始されカードが発行されます。

基準のハードルも支払い返済能力があるかに重きを置いているため、年収や属性に関係なく、発行することが可能です。

まとめ

今回の記事では、クレジットカードが通過できない理由・通過するためのコツ・オスススメのクレジットカードを紹介してきました。

クレジットカードには必ず審査がありますが、この審査の通過しやすさは、カードの種類と個人の信用履歴により難易度は大きく変わってきます。延滞や未払いが続くと非常にクレジットカードの審査は厳しくなります。

クレジットカードの履歴が無い方や審査が通るか不安な方は、即日発行のクレジットカードで履歴を貯めてから本命のカードに切り替えるのがよいのではないでしょうか。

こちらでご紹介した注意点をしっかり理解したうえで、今回ご紹介したクレジットカードの中から自分に合っているものをまずは申し込んでみてくださいね。

コメントを残す