賃貸で加入する火災保険って何? 賃貸マンション・賃貸アパートの火災保険の選び方

賃貸マンション等に入居する際、不動産会社から火災保険への加入を求められ、言われるがままに加入したという経験はないでしょうか。

賃貸の物件に住んでいる方は多くの方が経験されているのではないでしょうか。

賃貸なのに、大げさだし、お金もかかるし、なんかもったいないなと思われている方も多いと思います。

しかし、火災保険へ加入すると、「意外と知られていないメリット」がたくさんあります。

火災保険は、名前が「火災」とつくので、火事の時だけ、また何かの災害が起きた時だけ利用する保険だと誤って認識されていることが多いのですが、「日常のあらゆるトラブル」からあなたを守ってくれる大切な保険です。

正しく理解できれば、火災保険を上手く利用してお部屋の修繕をしたり、また保険料の節約も試みることができます。

是非この機会に、火災保険がなんたるかを知り、安心して、そしてお得に新生活を迎えましょう!

賃貸を契約する際、火災保険の加入は義務なのか?加入せずに入居できない?

賃貸住宅を借り、引越しをしようと考えられている方は、引越し業者に払う費用や賃貸の入居するための敷金礼金などの初期費用で出費がかさみ、なるべく他の費用は節約したいと思います。

火災保険なんて、火事を起こしたときのための保険なんだから、できることなら入りたくないと思うのが普通です。

しかし、火災保険は賃貸の契約時に加入が条件となっていることが多く、保険に加入しないと、大家さんから入居を断られることがあります。

火災保険のへの加入を負担に感じられているかもしれませんが、火災保険には、「入って損はない保険」です。

誰にでも起こりうるトラブルから守ってくれる保険です。

日常のトラブルは自分が気を付けているだけでは、避けられるものではありません。

思いがけないところで、トラブルは発生し、多額の賠償をしないといけなくなることがあります。

そのために火災保険はいざという時、あなたと周囲の人を守る保険です。

では、火災保険とはなんたるか、じっくり見ていきましょう。

そもそも火災保険てなに!?3点の補償内容をしっかり理解しましょう。

賃借人が入る火災保険は、「家財を守る保険」です。(建物は借家人である、大家さんが入る火災保険)

また火災保険には、さらに「借家人賠償責任保険」と、「個人賠償責任保険」という保険の3点セットで加入するのが通例となっています。

賃貸住宅の火災保険には、以下の3点の補償があります。

  1. 火災保険(家財保険)⇒入居者の家財一式を補償
  2. 借家人賠償責任保険 ⇒大家さんへの補償
  3. 個人賠償責任保険  ⇒日常生活のトラブルの補償

補償内容、補償例

火災保険

火災、風災、落雷、水濡れなどを原因として、被害を受けた家財一式

  • 火災を起こしてしまった
  • 隣家の火災が家にも広がってきた
  • 落雷を受けたetc

借家人賠償責任保険

火災、風災、あらゆる事故で、部屋に大きな損害を与え、大家さんに賠償しないといけない場合

  • 天ぷらを揚げていて、火が油に燃え移り、壁を真っ黒にしてしまった
  • 洗濯機のホースが外れて部屋が水浸しになったetc

個人賠償責任保険

日常の生活で周囲の人に被害を与えて、賠償しないといけない場合

  • ベランダから鉢植えを落とし、通行人をケガさせてしまった
  • 自転車で通行中、歩行者にぶつかってしまったetc

こちらを見て頂いて、すでに驚いた方も多いと思います。

そうです、火災保険は、大家さんへの補償や、日常生活のトラブルも補償します。

それではより具体的に、みていきましょう。

火災保険(家財保険)とは

隣家で火災が起きた際、命は幸いに問題なくても、家財一式が燃えてしまったり、修繕をしなくてはそのまま住み続けることが困難な状況になるときがあります。

隣家で火災が起きたんだかから、隣家の人が補償する義務があるのではと多くの方が思われています。

しかし、日本の法律では「失火責任法」という法律があり、重大な過失がない限り、失火した者に対し損害を賠償することはできません

簡単に言いますと、隣家の家事により、家の中がグチャグチャになっても回復してと請求することはできないのです。

なので、火災保険に入っていないと、自分が火事を起こした場合でなくても、自分で家財を廃棄し、買い替え、また壁紙が焦げたり、床が水浸しになっても自分でお金を払って回復しないといけません。

室内のリフォームまで自分でするとなると、数十万円~数百万円ものお金を急に工面しないといけなくなります。

退去するにしても、大家さんへの原状回復義務があり、賃借人は、入居したときの部屋の状態に戻して退去する義務があります。

これが出来なければ、被害者の自分も、損害賠償請求をされかねません。

しっかりと、自分は火の始末をしていたとしても、火災により思いがけず多額のお金が必要になることがあります。

保険会社 家財金額の目安
A社 490万円(25歳前後)~1550万円(50歳前後以上)
B社 510万円(25歳前後)~1420万円(50歳前後以上)
C社 540万円(27歳以下)~1520万円(48歳以上)
D社 500万円(25歳前後)~1440万円(50歳前後)
※スマイティ参照

借家人賠償保険

こちらは、あまり聞かれたことがある方は少ない単語だと思いますが、火災保険の上記3点の中では一番重要といえるものです。

こちらは、前述の火災保険でもお話した、「原状回復義務」を補償します。

自分の失火のとき、もしくは隣家から類焼してしまった場合、部屋の中で修繕が必要になった場合に修繕費などをまかない、入居した時の状態へ回復することができます。

お部屋のリフォーム工事となるので、特別に蓄えがないと、急に工面しようとなると大変です。

しかしこの補償があれば、自分の蓄えを使うことなく、またどちらかにお金を借りたりする必要がないので、安心して日常をおくることができます。

また、こういった火災の場面だけではなく、自分の不注意で床を水浸しにしてしまいフローリングを張り替えないと行けない場合や、壁のクロスを大きく汚してしまったり破損してしまった場合も補償してくれます。

このように、日常を守ってくれるだけでなく、退去する日のことも安心して迎えることができるので、火災保険は重要な保険であるとお分かり頂けたのではないでしょうか。

個人賠償責任保険

保険のことをあまりよく知らない方だと、どういった場面でこの補償が役立つのかわからないですよね。

しかし、こちらも日常の起こりうるトラブルからあなたを守ってくれることになります。

例えば、ベランダで植木を世話しながらうっかり、植木鉢を落とし、通行人に直撃してしまい、重大な被害を出し、損害賠償金を支払わないといけなくなった。

また、ベランダで水をこぼし、下の階の人の洗濯物を汚してしまい補償しないといけなくなってしまった。

さらには、最近よく話題になります自転車事故も補償してくれます。

自転車事故は多額の賠償金を請求されるケースが増えていて、個別でも自転車事故を補償する保険は増えているほどです。

火災保険に入れば、自動的に個人賠償責任保険も加入することになりますので、このようなトラブルからも守ってもらえます。

日常のささいな出来事が、とても大きなトラブルを招きかねません。

また、個人賠償保険の有難いことは、家族全員に適用されます。

具体的には、加入者とその配偶者や同居の親族、さらには生計を同一にする別居の未婚の子ども(別で一人暮らしをしていても、仕送りなどをしていればOK)まで適用されます。

火災という名が付きますが、火災保険に入るだけで、あなたとその家族まで守ってもらえますのでとても有意義な保険だと思って頂けると思います。

火災保険は自分で選べる?自分に合ったプランと保険料を選びましょう!

賃貸契約を結ぶ際、不動産会社から火災保険の加入を求められます。

しかし、不動産会社から提示される火災保険を選ぶ必要はありません。

自分で検討し加入しますと伝えてみましょう。

不動産会社は、自身が取引している保険会社に加入してもらえると、保険会社から手数料が入る仕組みになっていることがあります。

なので、自分で選びたいと申し出ると怪訝な顔をされることもありますが、賃借人に選ぶ権利はありますので、堂々と申し出て自分にあったプランを探しましょう。

探し方は、保険会社に問い合わせし、個別で色々とプランを伺って決めるのもいいですが、今はWEBで簡単に検索できます。

「賃貸 火災保険 おすすめ」などと入力するだけで色々な保険会社の色々なプランが出てきますので、自分に必要で、かつ保険料の支払いに無理のないものを選びましょう。

賃貸ですので、それほど種類も多くありませんので、十分素人の方でも検討することができます。

申し込みをすれば、保険会社から後日、保険証券が郵送されてきますので、それを不動産会社に提示すればなにも問題はありません。

安心して、自信をもって自分や家族を守る保険を探してみましょう。

保険料の目安

保険会社:保険料/契約期間/家財補償/借家人賠償責任補償/個人賠償責任補償
A社:6,870円/1年/100万円/2000万円/3000万円
B社:6,000円/1年/185万9,000円/2000万円/2000万円
C社:4,000円/1年/100万円/2000万円/1億円

※東京都、賃貸マンション(コンクリート造り)の場合
※価格.COMを参照

地震への備えもできます!

注意したいのが、火災保険が地震による損害も補償してくれるわけではありません。

しかし、火災保険を加入すると特約で地震保険へも加入することができます。

地震による被害は、地震保険でないとまかなうことができません。

しかし、地震保険は単独で加入することができなく、火災保険とセットで加入することで補償してもらえます。

なので火災保険に加入すれば地震保険へも加入でき、地震大国である日本ですからいつ起こるかわからない地震へも安心して構えることができます。

また、地震保険の補償額は火災保険とは異なることにも注意しておきましょう。

地震保険⇒火災保険の補償額は火災保険30%から50%の範囲で、かつ上限が1000万円

損害区分も、全壊(100%)、大半損(60%)、小半損(30%)、一部損(5%)の4段階に分かれているため、基準を満たさないと保険金額が支払われないこともあるとても厳しい保険です。

火災保険は、1回利用したら補償してもらえない?掛け金が上がる?

また、火災保険のメリットがもう一つ!

火災保険は、保険金額の80%の補償を超えない限り、「何度でも補償」を続けてくれます。

また、更新する際の掛け金の値上がりもありません。

火災保険は、火災などの災害の時だけでの補償ではなく、日常のトラブルに対応してもらえることは、お分かり頂いたと思います。

なので、ベランダから植木鉢を落とし誰かに損害を賠償しないといけなくなって、火災保険を利用しても、保険金額の80%の補償を越えなければ保障は続きます。

ベランダからの事故に続けて、不注意で水浸しにしてしまって、修繕が必要になった際も保険の利用ができます。

自動車保険は、事故を起こすと、次回からの保険料が上がってしまったり、保険の保障が終了してしまうことがありますが、火災保険では、保険金額80%の請求をすることが無い限り、保障が継続します。

日常の些細なトラブルを保険期間中はだいたい守ってもらえるので安心して、請求することができますね。

火災保険は途中で解約、変更できる?

火災保険は途中で変更することも、解約することもできます。

こちらの記事を読んで頂き、今の火災保険を見直そうと思われた方も安心して検討し直して下さい。

但し、解約手数料が発生することがありますので、継続するほうがお得の場合があります。

解約や、変更をする際は一度保険会社に問い合わせ頂くのが安心です。

引越しの際は2重加入に注意して

最後に、火災保険は、賃貸契約とは別個の契約ですので、引越しをすることになっても自動的に火災保険が終了するわけではありません。

複数の保険会社に入ったからといって、契約されている各保険金額以上の保険金は受け取れませんので、2重になっている場合は必ず解約の手続きをしましょう。

しかし、現状加入されているもので、特に不満がなければ、そのまま住所変更のみを行い、保険を継続させることができます。

引越しの際はご注意ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

火災保険は、保険料を支払う負担はありますが、なにかあったときのことを考えると入って損はない保険だと思って頂けたのではないでしょうか。

自分のため、ご家族のため、またご近所さんのためにも火災保険は加入しておかないと大変なことになりかねません。

火災保険のメリット

  • 火災保険⇒家財一式を守ってもらえる
  • 借家人賠償責任保険⇒大家さんへの原状回復義務を果たすことから守ってもらえる
  • 個人賠償責任保険⇒日常のあらゆるトラブルから、自分も大切な家族もまた周囲の人も守ってもらえる

火災保険は、火災などのときだけでなく、日常の生活を守ってもらえる大切な保険です。

今加入されている方、これから加入する方も、この機会に是非自分に合ったプランを検討してより良い補償と、よりお得な火災保険を見つけてみてはどうでしょうか。

コメントを残す